uenoブログ

上野タケシのブログ

0711_0490-1
打合せ途中でみつけました。以前から富永さんの自邸があったのは知っていたのですが、むき出し化粧筋交いに障子で、もしやと思ったら表札が富永さんでした。実は増築で、うまく作っていました。後ろ側の勝手口と斜め塀なんてなかなかです。



0711_0445-1川崎市高津区千年新町9−1
(住所:神奈川県川崎市高津区)

0710_5343
小石川植物園の東京大学総合研究博物館 小石川分館(旧東京医学校) から、見る庭園の方が美しい。

明治9年(西暦1876)に建築されたこの建物は、旧東京医学校の本館です。庭との関係はどいった考えで、移築したのかはわからない。しかし、この赤い西洋文化フレームから見える日本庭園、不思議な関係がいい。(住所:東京都文京区白山三丁目7―1)

0707_0031_1
ここもとても好きな場所。手水舎(ちょうずや)から向こうの建物をみたところです。ちなみこの手洗いの順番は「左手→右手→左手で口を洗う→左手」となります、これ茶道の蹲踞の手洗と一緒です。(住所:東京都渋谷区代々木神園町1−1)

0705_3421_1
事務所近くということもあり、明治神宮をよく散歩します。晴れの日、雨の日、雪の日、それぞれ違ってみえ味わい深いです。写真は参道途中にある橋です。ほとんどの人が渡り過ぎますが、雨の日の橋の石や光の具合もあいまって、とても美しく、好きな所のひとつです。(住所:東京都渋谷区代々木神園町1−1)

0703_3878-1
左内坂を上がった右に、ほどよい小路があり、そこをぬけると広がった空間、階段坂道がある。とってもいい、帰ってHPで階段の松本さんブログを見ると、しっかり載っていた。地域によるが東京の中心の階段は松本さんがほとんどチェック済みだ。とは言え、この階段坂道はいい。日本はすくない幅広階段街並み空間である。どこかヨーロッパの街並みにみえてくる。おそらくは、挟まれてたまたま残った道であろう、それでも街中をつくる階段坂道としては興味深い。近くにいった際はどうぞ。(住所:東京都新宿区市谷長延寺町8近辺)

0701_0945-1
天守閣のお城は戦国時代から江戸の50年くらいでわっとできた。もともとは土に成るで「城」といった具合に空堀に曲輪で構成さられ山城である。ここ、神奈川県横浜市港北区小机町にある小机城は関東でも一級の山城。その曲輪、20mにもおよぶ幅の空堀がある。地形や形も見事である。写真は空堀中から曲輪をみている。地形もみごとだが、この後で生えた竹林群が光とあいまって、不思議な写真となる。(住所:神奈川県横浜市港北区小机町802)

0628_01
コーオリンピアの屋上からみえる「代々木競技場 第一体育館」。上から見るこの建物の凄さもあるが、なんといっても内部空間が凄い。無料競技をやっている時に暫し空間に見とれる。やはり名建築です。



0628_02
(住所:東京都渋谷区神南2-1-1)

0624_4836-1
横浜市神奈川区の第一京浜の子安通り2丁目の交差点に建つ古い家。おそらく東海道の幅が狭かったころから建っていたのか。大屋根と下屋根がとても美しい、というか窓などがまったく見えないのが珍しい。その手前の塀のデザインもいい。古さよりもプロポーションの良さが際立つ。日頃から塀なんてないほうがいいという考え方を少し考えなおされる。(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通2丁目236近辺

0623_1690-1
江東区永代1丁目から歩いてきて、護岸の高い塀を上がるといきなり、空間が広がる。写真の場所は、隅田川が月島でY字に晴海運河とわかれその先に亀島川と合流と、川幅が広くなるところである。しかも左手からは、大横川との水門がある。真ん中の橋は中央大橋、その左島が月島である。東京の住環境は、土地が狭く密集していて、風通しがわるい。そんな時に道路が建物がない隙間となり、いいヌケとなることがある。それが十字交差点だとさらにいいし、もっと良いのがY字交差点である。川も一緒だなと思ったこの場所、気分が大きくなれるいいスポットである。(住所:東京都江東区永代1丁目7−11近辺

0617_3407-1
平安時代の武将、渡辺綱がこの付近で生まれた、という伝説からついた坂名で、三田綱坂、渡辺坂とも呼ばれるとあるから、古い坂なんだろう。写真だと坂の勾配は実際よりも緩く見えることが多い。この綱坂は左側の綱町三井倶楽部の立派な塀のおかげで坂の勾配がわかりやすく見える。さらにこの塀はリズミカルに坂を演出する。坂という道は周辺の際立たせる所が面白い。(住所:東京都港区三田二丁目近辺

0615_7499-1
70度くらいの角度で曲がった坂道で、左右の擁壁の中を切り通しみたいな道の坂道である。夕方以降は少し不気味さも漂う。そこもいい。折れ曲がった坂道の良さは一枚の写真じゃなかなか表しづらいが、たまたまいい感じで撮れた。近くの八幡坂も面白い。(住所:文京区小日向2丁目19番/20番と21番の間

      0612_1609720719_n
仕事終わりの散歩。烏山川緑道を宮の坂から経堂をぬけて、芦花公園方面まで。その中でも特に宮の坂から経堂の間の緑道がお勧めです。この路面のジグザグ、なかなかカッコいい。(住所:東京都世田谷区宮坂1丁目2−20近辺)

0611_9739_1
秩父市番場町の商店街で一番よかったのは、昭和初期建物の「小池煙草店」。街角に位置するコーナーデザイン、その細かい線のデザインがいい感じでした。各年代の建物が混在する秩父市の商店街はなかなか奥深い。(住所:埼玉県秩父市番場町17−10)


0610_9804
知り合いが、秩父の三峰神社に車で行くという話を聞き、ついていきました。そこで車でしか行けない、見たかった秩父市大滝村の栃本の山岳集落を見てきました。山にへばりついた感じがとてもいい感じでした。(住所:埼玉県秩父市大滝1623近辺)

↑このページのトップヘ