uenoブログ

上野タケシのブログ

2012年06月

0628_01
コーオリンピアの屋上からみえる「代々木競技場 第一体育館」。上から見るこの建物の凄さもあるが、なんといっても内部空間が凄い。無料競技をやっている時に暫し空間に見とれる。やはり名建築です。



0628_02
(住所:東京都渋谷区神南2-1-1)

0624_4836-1
横浜市神奈川区の第一京浜の子安通り2丁目の交差点に建つ古い家。おそらく東海道の幅が狭かったころから建っていたのか。大屋根と下屋根がとても美しい、というか窓などがまったく見えないのが珍しい。その手前の塀のデザインもいい。古さよりもプロポーションの良さが際立つ。日頃から塀なんてないほうがいいという考え方を少し考えなおされる。(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通2丁目236近辺

0623_1690-1
江東区永代1丁目から歩いてきて、護岸の高い塀を上がるといきなり、空間が広がる。写真の場所は、隅田川が月島でY字に晴海運河とわかれその先に亀島川と合流と、川幅が広くなるところである。しかも左手からは、大横川との水門がある。真ん中の橋は中央大橋、その左島が月島である。東京の住環境は、土地が狭く密集していて、風通しがわるい。そんな時に道路が建物がない隙間となり、いいヌケとなることがある。それが十字交差点だとさらにいいし、もっと良いのがY字交差点である。川も一緒だなと思ったこの場所、気分が大きくなれるいいスポットである。(住所:東京都江東区永代1丁目7−11近辺

0617_3407-1
平安時代の武将、渡辺綱がこの付近で生まれた、という伝説からついた坂名で、三田綱坂、渡辺坂とも呼ばれるとあるから、古い坂なんだろう。写真だと坂の勾配は実際よりも緩く見えることが多い。この綱坂は左側の綱町三井倶楽部の立派な塀のおかげで坂の勾配がわかりやすく見える。さらにこの塀はリズミカルに坂を演出する。坂という道は周辺の際立たせる所が面白い。(住所:東京都港区三田二丁目近辺

0615_7499-1
70度くらいの角度で曲がった坂道で、左右の擁壁の中を切り通しみたいな道の坂道である。夕方以降は少し不気味さも漂う。そこもいい。折れ曲がった坂道の良さは一枚の写真じゃなかなか表しづらいが、たまたまいい感じで撮れた。近くの八幡坂も面白い。(住所:文京区小日向2丁目19番/20番と21番の間

      0612_1609720719_n
仕事終わりの散歩。烏山川緑道を宮の坂から経堂をぬけて、芦花公園方面まで。その中でも特に宮の坂から経堂の間の緑道がお勧めです。この路面のジグザグ、なかなかカッコいい。(住所:東京都世田谷区宮坂1丁目2−20近辺)

0611_9739_1
秩父市番場町の商店街で一番よかったのは、昭和初期建物の「小池煙草店」。街角に位置するコーナーデザイン、その細かい線のデザインがいい感じでした。各年代の建物が混在する秩父市の商店街はなかなか奥深い。(住所:埼玉県秩父市番場町17−10)


0610_9804
知り合いが、秩父の三峰神社に車で行くという話を聞き、ついていきました。そこで車でしか行けない、見たかった秩父市大滝村の栃本の山岳集落を見てきました。山にへばりついた感じがとてもいい感じでした。(住所:埼玉県秩父市大滝1623近辺)

↑このページのトップヘ