uenoブログ

上野タケシのブログ

2013年11月

        1130_DSC05191_1
銀座の路地の中間部分で空をみあげるとこんな風にみえる。ビルが上に伸び、天井の隙間から光りが。下には小さな路地空間、この対比がたまらない。都市の多層性ここにあり、これも一種の迷宮にみえてくる。(住所:東京都中央区銀座6丁目7ー7近辺)

1126_DSC04654_1
江東区塩浜2丁目、もう少し北に行くと洲崎町があるところ。そこでみつけた集合住宅のY字階段。このタイプはありそうであまりない。一階店舗の階高が高いからか、それでも2階バルコニー下の所は頭が通るのがギリギリにみえる。2階のバルコニー間で同じ並びの2づつの玄関扉の位置も面白い。(住所:東京都江東区塩浜2丁目12−9近辺)

      1119_DCIM0271_1
本日準備で、設営終えました。明日から12月1日までやっています。11月23日土曜日は18〜20時にパーティを行いますので、ワインでも飲みに遊びにきてください。写真はお持ち帰りのスケッチです。参加建築家と我々も作っています、お持ち下さい。

展覧会名 建築家が選んだ建築家展7「風景のある住宅」
会場 タチカワ銀座スペースA t t e(オッテ)
期間 11月20日(水)〜12月1日(日) ※月・休館
23日(土) パーティ 18時—20時
時間 10:00〜18:00(最終日〜17:00)
入場 無 料
主催 A t o A P r o j e c t
協力 立川ブラインド工業株式会社
<出展建築家>(50音順)
伊藤昭博(HIRO建築工房)
加藤誠洋(のぶひろアーキテクツ)
日影良孝(日影良孝建築アトリエ)
森大樹 (大樹建築・造形研究所)

<AtoA Project>
上野タケシ(上野タケシ建築設計事務所)
来馬輝順 (建築工房 匠屋)
山本覚  (山本覚建築設計事務所)

  1104_DSC01862_1
建物前面の平坦な壁を自由にデザインしたものを看板建築という。文京区白山2丁目の通りで見つけたこの建物はモダンな看板建築だ。

特にエッジ(きわ)のデザインが秀逸だ。左垂直の壁が一番出ていて、上の笠木部分は少し出て、右の壁のエッジは2階窓の庇との関係で出が決められている。それがそのまま右横の壁に。左下の入り口の囲み壁のデザインもお見事。見れば見るほど美味しくなってくるデザインだ。(住所:東京都文京区白山2丁目7−2近辺)

↑このページのトップヘ