uenoブログ

上野タケシのブログ

2014年01月

お知らせ 「かわ*いいビル・ナイト」


「かわ*いいビル・ナイト」大山顕(工場萌え)×高岡伸一(ビル マニア カフェ)にゲスト出演します。私はコープオリンピアについて語ります。

2014年02月02日 [日] 19:00〜21:00
お台場・東京カルチャーカルチャーにて 前売2,300円

面白いビルがいっぱいでてきます。ご参加ください。

新国立競技場の基本構想案がでたが、何も解決していない。特に大きさ・景観・デザインでの問題の前、お金の問題が全く解決できていない。このままだと必ず年間20億前後の維持費赤字になる。それは2016年東京オリンピック招致準備担当課長だった、鈴木知幸さんの話を聞けば、こりゃ問題は一つや二つじゃないことが分かる。彼の結論は【屋根を取るのが一番いい。】であるが・・・・。お金や計画の問題をまとめてみた。(40114 公開勉強会「みんなで学ぼう、新国立競技場のあり方」より)


1、陸上競技場を作らずに開会式はできない。


河野太郎議員「サブトラックが確定しない限りは陸上競技にはしない。」と言っているが、仮設でもサブトラックを作らないといけない。

あとからまたやると味の素スタジアムの二の舞になる懸念(陸上競技の再整備は大きな無駄)




2、サッカー場(天然芝)だけなら、多目的利用が制限される
 

厳しい天然芝の管理(サッカーでは年間50試合が限度、イベントの影響)

屋根付きの場合は通気性から天然芝の管理は難しくなる。

五輪後は人工芝にすべきという意見あり、巻き芝の可能性はあるか。

・2009年にエックスジャパンのHIDEの追悼式で2日間で芝が駄目になるり全面改修の必要となる。

・サッカーの試合とイベントで喧嘩状態。

・人工芝が唯一の解決策では。




3、行政予算の建設費見積りは必ず増加する。
 

行政予算はまず想定通りに行かず、必ず想定外のことがおこる

懸念事項(見込み違い、基礎経費高騰、追加注文、埋蔵文化財、等)

・行政予算はまず想定通りいったことがない。

・あまり言いたくないが東京体育会館は想定からほぼ3倍、どこの公共事業も必ず増える。

・新国立競技場は最終的には想定は2倍になる。

・騙そうとかではなく、見込み違い、基礎経費高騰、追加注文で。




4、収支計画の試算は問題は多すぎる
 

年間利用48日(サッカー20日、ラクビー5日、陸上競技場11日、イベント12日)

収入:45億5500万円、管理運営費:41億4800万円、年間収支:4億円黒字

・収支計画はこれは全く無理.48日はまったく無理です。

・味の素スタは、鈴木俊一知事が作れといった。青島知事が作らせないといったので、納得いかせるようなの収支計画を私が作った。運営時に石原知事に変わって、冗談じゃないと今ある借金払うから自立しろ、いっさい面倒見ない。

・ベルディと東京FCのダービーでも5万埋まらない、1、2万人だけ。スマップステージだけ埋まる。

・世界陸上ですら5万人まんぱいにならない。それが8万人で11日間なんか半分どころか1、2割しか入らない。

・日本陸連も経費がもたいので、ここを使いたくない。

・イベント12日で芝生は駄目にならない。




5、維持管理費の「赤字を補填しない」は不可能である
 

大規模公共施設の維持管理費の収支比率は黒字にならない。日産スタジアム(58%)、ビックスワン(65%)、鹿島スタジアム(80%)、東京体育館(60%)

・東京体育館は極めて優良で、収支比率60%。100円の税金で60円の売り上げ回収。




6、観客席8万人は、死守しべき最大の命題なのか。
 

・日産スタジアム(約7万2000人)、さいたまスタジアム(約6万人)、味の素スタジアム(約5万人)、

・改正PFI法の適用は困難 

・指定管理制度は国立施設に適用できない。

・ネーミングライツはできるか(味スタは5年10億)、国立なので無理だろう。

0111_DSC07716_1
ウチの事務所のあるコープオリンピアを色々撮っている。対面からだと、道路幅が広い表参道からでも1枚の写真に納まらなかった、意外と長い。2枚の写真をくっつけてた全景だ。午前中の光、北側だからこんな感じになる。今右側の歩道橋が昨日から通行止めで、信号になった。もう少しで撤去になる、ない方が景観はいい。人の流れがどうかわるか少し心配。(住所:東京都渋谷区神宮前6-35-3)

↑このページのトップヘ