uenoブログ

上野タケシのブログ

2017年04月

   0426_DSC09822_1
飯能の旧商店街にある「店蔵絹甚(みせぐらきぬじん)」。明治37年に建てられた絹の買継商の建物で修理復元で文化財登録建物。

0426_DSC09818_1

   0426_DSC09810_01
お店部分の畳の「見世」の間に通り土間が通る。靴のまま座れて空間的な間もいい感じ。土間通りと壁際の畳の関係が興味深い。

   0426_DSC09801_01
階段上から見える世界もいい。

      0426_DSC09780_1

中庭側から見る。コンパクトな庭とトイレの関係もいい。

      0426_DSC09784_1
トイレは青磁、小便トイレの足いれが懐かしい。

0426_DSC09792_1

2階の黒色蔵壁の存在感が強く、木製との対比が美しい。

0426_DSC09787_1
(住所:埼玉県飯能市本町2-2近辺)

   0416_DSC08098_1
2層吹き抜けで2階床と階段が3階から吊っている、新橋でみつけた「TENTOSHI(設計コンマ)」という建物。調べると「アパレルと車を中心に、雑貨・オリジナルブレンドコーヒー等も取り扱うSTYLE SHOP」みたいだ。その構造・構成もオモシロイが、周囲の間の広場と建築の配置もとてもいい。久しぶりにいいと思った建築だ。

   0416_DSC08101_1
(住所:東京都港区新橋4丁目7−6)

↑このページのトップヘ