uenoブログ

上野タケシのブログ

2018年08月

0810_DSC02011_1
小平ふるさと村には、幾つも建物が移築保存、復元されている。民家園は各地にあるが、この「開拓当初の復元住居」は興味深い。ほとんどワンルーム空間で、現代住宅みたいな空間だったりする。開口部は紙がはってあるだけだけど美しい光となる。藁または茅麦藁(かやむぎわら)等で葺いた屋根だけじゃなくて、外壁は茅、麦藁で囲う、呼吸する壁だ。究極の環境住宅ながら、なんだかいい空間構成に感動だった。

   0810_DSC02006_1

0810_DSC02017_1

      0810_DSC02019_1
(住所:東京都小平市天神町3丁目9−1近辺)

   0801_DSC07932_1
名前からすると森ビル14で、弁護士事務所が入る貸しビルなのだろうか。しかしこの年代のビルは素晴らしい。3階から少し出たグリットフレーム、凹んだサッシや腰壁が色が違い。白いグリットフレームの下角だけアールが、とても上品なデザイン。

0801_DSC07955_1

      0801_DSC07934_1

   0801_DSC07938_1

   0801_DSC07982_1

内部も素晴らしい。階段タイルは青系統にゴールドのタイル。1階受付空間通路も梁などを間接照明、アールのデザインでうまく隠す。曲面の使い方がこれまた上品だ。

   0801_DSC07988_1

      0801_DSC08001_1

   0801_DSC07993_1
(住所:東京都港区西新橋1丁目21-8)

↑このページのトップヘ