uenoブログ

上野タケシのブログ

カテゴリ: 建築のヨコガオ

   0909_DSC09061_1
ビルの横顔、あとから透明トタンで継ぎ接ぎで、外部空間を埋めた。廊下、階段、バルコニーを綺麗に埋めた姿が、まるでパズルのようだ。何も見えないのに、素材などで埋めれたものが見えてくる感じだ。(住所:埼玉県川口市中青木2丁目6−26近辺)

0711_DSCN8084_1
側面の道路挟んだ反対側の土地が更地になっていたので。とは言え3枚写真の変形合成で1枚になった、竹中工務店東京本社の側面デザイン。こうしてみるとランダムな窓にみえて、一定スパンの繰り返しデザインだった。しかし圧巻な長さ。(住所: 東京都江東区新砂1丁目1−1近辺)

0528_DSC02570_1
浦和にある通路商店街ビルのナカギンセブン。左が駅方面、右が街道で、駅から浦和官庁街に抜ける通路がある商店街ビル。左右のボリュームが大きく真ん中は、構造フレームがむきだし、中庭になっている。増築の外壁素材と色が違うののも楽しい。増築ぶりが集落あるは城のような造形を生んでいる。

     0528_DSCN9118_1
内部の通路空間もいいところ。(住所: 埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目12−5近辺)

0508_DSC09826_1
飯能の町屋のダンメン。トタンで継ぎ接ぎで撤去された隣の状況が少しわかる。しかもなんだかカラフルでいい感じだ。やはり町の横顔はオモシロイ。(住所:埼玉県飯能市仲町21−21近辺)

0503_DSC09771_1
飯能駅近くの大通りに面する町屋「銀河堂 」。今はカフェのようだ。典型的な町屋。細長い敷地に店舗、蔵、住居、結ぶ廊下となっている。特に中間部のところがカッコいい。

0503_DSC09877_1
(住所:埼玉県飯能市本町1-4)

   0129_DSC05125-1_1
取り壊された建物の跡が隣の建物の外壁に残っている様子を「ダンメン」とマニアの間ではよんでる。京都の町屋あとの断面が多いいが、東京にも面白いのがある。しかも様式建築(三井住友銀行別館)の外壁タイルのダンメンだ。これだけでやっぱりどうもヨーロッパの風景に見えてくる 。(住所:東京都千代田区神田神保町2丁目19−3)

   1127_DSC02559_1
水上温泉街の脇道でみつけた不思議な建物。壁がダムのような緩やかな局面、絶壁で建っている。その右下にちょこんと飲屋の玄関看板。このバランスデザインもいい感じ。(住所:群馬県利根郡みなかみ町湯原479近辺)

   0614_DSC08380_1
銀座6丁目なのに、隣のビルがなくなって見える姿はなんだかアジアンな感じだった。1、2階は通路で通れたみたいだ。その上は片持ちで繋がっていたのか? かなり謎な側面に惹かれた。(住所:東京都中央区銀座6丁目3−16)

0520_DSC08944_1
越ヶ谷宿の通りには幾つの古い建物が残されている。ところが惹かれたのはその側面、しかも窓無しの総トタン外壁と瓦の取り合わせだったりする。トタンの色々と瓦の色の取り合わせが妙にあう。(住所:埼玉県越谷市越ヶ谷本町3−32近辺)

0430_DSC08223_1
足利駅近く、かつての盛り場周辺の奥行きある町屋の横顔。
日本民家の瓦屋根の最低勾配は4寸(4/10)、そのため長い所や広い所にかける屋根は、幾つかに分けて、その間を小さな屋根で繋ぐことが多くなる。この奥行きある町屋も大きく3つの屋根があり、それを小さな屋根で繋いでいる。一階はおそらく増築で外壁がトタンだ。ある条件のもと同じ形と違った形を持つ、一つの建物が集落の作り方を内包している。(住所:栃木県足利市井草町2409近辺)


0116_DSC02737_1
バスから見て気になり、帰りは歩きでじっくりと見る。ココには3種類の壁が存在する。一番右はダンメン、かつてあった横の家を切った断面がみえる。トタンの構成が実に美しい。真ん中の赤い壁は仕上げで赤に塗っている。その左がその仕上げがない下地のセメント板がそのままみえる。かなり不思議な状態だが、なんだかとっても惹かれるくらいに美しい。

  0125_DSC02751_1

トタン建築とは、外壁の表面材がトタン(亜鉛めっき鋼板:鉄などの鋼板をメッキしたもの)を張った建物。安価でよく使われたもので、耐久性が劣っていたので錆びて、逆に味になっていた。とは言え、施行はしっかりと綺麗に板は張られている場合が多い。ところが、ここで見つけたトタン建築は張り方がいい加減、重ねもバラバラ、角なんて丸まっている。施行がいいかげんだ。それでも面白く見えてなんかかっこ良く見える。窓の配置によるものか、出窓みたいな出っ張りにもよるものか。(住所: 東京都江戸川区松島3丁目42−10近辺)

1006_DSC09099_1
建物がなくなって駐車場になると、建物とか街の構成の姿がおもわず表れることがある。浅草橋エリアはそんな感じが面白い。この3連続の民家とその間の路地の構成が、隣地が駐車場になったため表れる。そろぞれの建物の横顔の形もオモシロイく珍しい路地構成だ。(住所:東京都台東区浅草橋5丁目19 −10近辺)


0825_DSC08838_0
戦災を免れた台東区3丁目、ここにある末広会商店街の空き地越しみえる建物。路地に面した古い増築民家なんだけど、なんだか断面、立面がカッコいい、まるで坂本一成建築のようだ。(住所:東京都台東区台東3丁目19−7近辺)

1223_DSC05596_1
北区滝野川でみつけた、壁面トタン住宅。すだれの効果もあるが、めちゃめちゃな増築のエレメントだが、なんか絶妙なバランスをたもってみえてくるのが面白い。しかも手前の駐車場には何故か便器がおいてある不思議な場所だ。(住所:東京都北区滝野川1丁目近辺)

↑このページのトップヘ