uenoブログ

上野タケシのブログ

カテゴリ: いいビル

0811_DSC03300_1
新橋駅ホームから見える、ニュー新橋ビル。低中層階4階までは店舗が入る、不均質格子がよく見える。その上の高層階9階まではオフィス、10、11階はカーテンがみえる住居。それに青山看板も低層階の上にのる。5枚変形合成で左右の端は思いっきりゆがんでいるが、ビルの構成、格子と線路の関係がよくわかる。(住所:東京都港区新橋2−16−1近辺)

   0801_DSC07932_1
名前からすると森ビル14で、弁護士事務所が入る貸しビルなのだろうか。しかしこの年代のビルは素晴らしい。3階から少し出たグリットフレーム、凹んだサッシや腰壁が色が違い。白いグリットフレームの下角だけアールが、とても上品なデザイン。

0801_DSC07955_1

      0801_DSC07934_1

   0801_DSC07938_1

   0801_DSC07982_1

内部も素晴らしい。階段タイルは青系統にゴールドのタイル。1階受付空間通路も梁などを間接照明、アールのデザインでうまく隠す。曲面の使い方がこれまた上品だ。

   0801_DSC07988_1

      0801_DSC08001_1

   0801_DSC07993_1
(住所:東京都港区西新橋1丁目21-8)

0716_DSC02268_1
ヴィンテージマンションでもあるビラ・フェニックス。セットバックした短手方向。長手方向は袖壁とバルコニーが斜めで、ズレるデザイン。秀逸なのは、半地下駐車場と1階のバルコニー壁の関係。一種の船のメタファー、ソリみたいなデザイン。裏側の玄関庇もオモシロイ、形態的には階段室タイプ。

0716_DSC02274_1

0716_DSC02280-1_1

0716_DSC02249_1

      0716_DSC02294_1
(住所:東京都豊島区駒込4丁目14−6近辺)

   0715_DSC03999_1
以前、マニアパさんがあげていて、衝撃だった池田内科病院。偶然、堀船で見つける。その特殊な形態から歯科だと思っていたら内科だった。バルコニーの腰壁と庇部分が斜めで、円形の穴、まるで出っ歯のような不思議な建物。電線を噛み切りそうだ。一階なんて実に玄関と壁が繋がって連続デザインだたりする。

     0715_DSC04004_1


   0715_DSC03995_1
(住所:東京都北区堀船3丁目近辺)

   0707_DSC00567_1
セットバックした斜め屋根まで緑のタイルのベルージュ麻布。角のところでタイル壁が切れていて、梁と柱のバルコニーで手摺は鋳物ぽい。一階は引っ込んでいて、タイル壁が外皮のようになっているビル。

     0707_DSC00569_01
(住所:東京都港区西麻布1丁目14−16)

DSC09238_1
武蔵小山商店街PALMのアーケードに面する古いビル、長谷川ビル。2階へいく階段吹抜けの壁面がカッコイイ。縦格子に色がモンドリアン調パネル、間にガラスのショーケース。階段手摺の斜め線と違うショーケース斜め線がオモシロイ。

  DSC09251_1


  DSC09254_01

DSC09257_1
(住所:東京都品川区荏原3丁目5−4近辺)

     0604_DSCN9006_1
駒沢通りに面する1970年のハイツミヨシ。構造体部分と壁の表面のズレをうまくデザインしている。グレー色の構造体部分にはところどころアールの出材に、壁の出ている部分は開口部のバランスデザイン、小さい窓と低い位置の窓が特徴的。(住所:東京都目黒区中町2丁目49−11近辺)

0601_DSC00955_1
いい時代に作られた会館ビルには秀作が多い。新宿区納戸町にある日本計量会館は三層のデザインでどこかコルビジェぽいところがある。三階の壁が衝立のように折れ曲がった壁が特徴的。

      0601_DSC00954_1

0601_DSC00951_1
(住所:東京都新宿区納戸町25)

      0427_DSC02365_1
いいビルの世界 東京ハンサム・イースト(大福書林)でも掲載したバトンさん推薦のMビル。両サイドの壁を残しへこみ、角アール四角出窓が出る。サッシの形、光沢タイル、サイドの避難ハッチもいい。

      0427_DSC02368_1

      0427_DSC02385_1
(住所: 東京都豊島区東池袋近辺)

  0104_DSC01770_1
横浜中華街にある白楽天ビル。1階と最上階は改築で手が入った感じだが、中間階の窓周りのデザインがいい。角アール窓縁にサッシや壁の構成がオモシロイ。(住所:神奈川県横浜市中区山下町186近辺)

1222_0000_DSC09066_1
川口市にある青木町ハイツ。ギザギザマンションビルの2棟が向かいあう。よく見るとギザギザの平面で、多角形のバルコニーがさらに出ていていて、線の連続度合が誇張されている。アルミ手摺の時代ものながら、カッコいい。

      1222_DSC09078_1

      1222_DSC09085_1
(住所:埼玉県川口市中青木3丁目9−2)

1211_DSCN9948_1
東砂にある都営東砂二丁目アパート、窓やバルコニーの表情がとても豊かだ。いろいろな色があり、生活感がでている。外壁の補修跡模様もいい感じだ。アジアのどこかの国のエレメントに見える。

1211_DSCN9949_1
(住所:東京都江東区東砂2丁目13近辺)

1123_DSC09120_01
西川口でみつけた工場。増築でコの字型の配置だが、その一部のところがカワイイ。六角形の白い壁が突き出ていて、それが4連続している。一階と二階のギザギザ庇が上下でくっついて出来た形か。色合いもいい感じ。

1123_DSC09112_1
(住所:埼玉県川口市西青木3丁目3-1)

   1117_DSC00984_01
溝口の駅近くにある村田ビル、枠付きの角アールサッシのビルなのだけど、なんだかとてもカワイイ。白い枠の細さ、ディールか、全体の色合いか? 一階がへっこんで、2,3、4階が浮いている感じだからか。

   1117_DSC00993_1
(住所: 神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14 -1)

↑このページのトップヘ