uenoブログ

上野タケシのブログ

カテゴリ: いいビル

0601_DSC00955_1
いい時代に作られた会館ビルには秀作が多い。新宿区納戸町にある日本計量会館は三層のデザインでどこかコルビジェぽいところがある。三階の壁が衝立のように折れ曲がった壁が特徴的。

      0601_DSC00954_1

0601_DSC00951_1
(住所:東京都新宿区納戸町25)

      0427_DSC02365_1
いいビルの世界 東京ハンサム・イースト(大福書林)でも掲載したバトンさん推薦のMビル。両サイドの壁を残しへこみ、角アール四角出窓が出る。サッシの形、光沢タイル、サイドの避難ハッチもいい。

      0427_DSC02368_1

      0427_DSC02385_1
(住所: 東京都豊島区東池袋近辺)

1222_0000_DSC09066_1
川口市にある青木町ハイツ。ギザギザマンションビルの2棟が向かいあう。よく見るとギザギザの平面で、多角形のバルコニーがさらに出ていていて、線の連続度合が誇張されている。アルミ手摺の時代ものながら、カッコいい。

      1222_DSC09078_1

      1222_DSC09085_1
(住所:埼玉県川口市中青木3丁目9−2)

1211_DSCN9948_1
東砂にある都営東砂二丁目アパート、窓やバルコニーの表情がとても豊かだ。いろいろな色があり、生活感がでている。外壁の補修跡模様もいい感じだ。アジアのどこかの国のエレメントに見える。

1211_DSCN9949_1
(住所:東京都江東区東砂2丁目13近辺)

1123_DSC09120_01
西川口でみつけた工場。増築でコの字型の配置だが、その一部のところがカワイイ。六角形の白い壁が突き出ていて、それが4連続している。一階と二階のギザギザ庇が上下でくっついて出来た形か。色合いもいい感じ。

1123_DSC09112_1
(住所:埼玉県川口市西青木3丁目3-1)

      1011_DSC00068_1
東京の人でもあまり降りたことのない駅「尾久駅」。その駅前にオモシロイビル発見。コーナーに壁を立てて丸窓が特徴。しかし壁の両端が凹んでいたり、左がの階段壁と関係したりと、単純ながら、見るわずかな角度によって少し違ってみる。

1011_DSC00057_1


1011_DSC00062_1


1011_DSC00063_1
(住所:東京都北区昭和町1丁目3−9)

   1007_DSC09733_1
飯能市の銀座商店街にある「さわや服地店」。1、2階の吹き抜けアーチの中にレンガ壁、屋上までの青いタイル壁もオモシロイ。この時代の立体構成はすばらしい 。

   1007_DSC09743_1
(住所:埼玉県飯能市仲町6−8近辺)

      0905_DSC00270_1
道路側から眺めるよりも中庭に入り、上を眺めると違ってみえる。意外と広いオープンスペースだ。都心のいいぬけた空間がここにある。

      0905_DSC00277_1
(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目3−18)

      0831_DSC00106_1
芝大門にある第2神明ビル。庇が上のほうと下のほうについている。タイルもカワイイが、この不思議なバランスな2つの庇、一番上のデザインがオモシロイ。(住所:東京都港区芝大門2丁目9−15)

      0830_DSC00102_1
窓がでる出窓ならず、腰壁がでているビル配電盤工業会館。なかなかないタイプ。さらに斜めに引っ込んで、不思議な立体になっている。雨だれの汚れもここまでいくと綺麗にみえてくる。

      0830_DSC00103_1
(住所:東京都港区芝大門2丁目11−1 )

0826_DSC09209_1
X型プランの東海大学代々木キャンパス 2号館(設計:山田守、1958年)。周囲は住宅街のためひきがないが、鳥が翼を広げたようなカタチは特徴的、真ん中の螺旋階段の電波棟も生きる。(住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-28−4 )

0824_DSC08766_1
ビラシリーズに挟まれて、面白い感じなっているチサンマンション原宿 1971年。出っ張る、梁と花壇が特徴的だ。太さが力強さを作っている。(住所:東京都渋谷区神宮前2-33-16)

   0823_DSC08749_1
ビラ・セレーナから道路挟んだところにある、ビラ・フレスカ(設計:坂倉建築研究所 )。全体の形は違うが、中庭に面してエレベーター、通路、階段、キューブの構成となっている。

   0823_DSC08744_1

   0823_DSC08803_1
(住所:東京都渋谷区神宮前2-33-22)

0822_DSC08736_1
ビラシリーズ通りの2つ目、ビラ・セレーナ(設計:坂倉建築研究所 )。黄色い壁の隙間空間が中では中庭、エレベーター、通路、階段スペースとなっている。キューブの構成、屋根テラスなどが外からでもわかる。(住所:東京都渋谷区神宮前2-33-18)

↑このページのトップヘ