uenoブログ

上野タケシのブログ

カテゴリ:散歩のススメ/神奈川県 > 川崎市

   1117_DSC00984_01
溝口の駅近くにある村田ビル、枠付きの角アールサッシのビルなのだけど、なんだかとてもカワイイ。白い枠の細さ、ディールか、全体の色合いか? 一階がへっこんで、2,3、4階が浮いている感じだからか。

   1117_DSC00993_1
(住所: 神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14 -1)

   1104_DSC00909_1
東急田園都市線の梶が谷駅すぐ近く東側の谷は凄い。ビル4階分の高さの高低差がいきなり広がる。真っ直ぐな階段なのに道路のとの角度や斜めに上がる階段で、ジグザグに横断している。右側の2階段も加えて階段だらけの風景だ。(住所:神奈川県川崎市高津区末長1丁目14 -15近辺)

      1102_DSC00919_1
ココの地形は凄い、いろんな要素が詰まっている。谷間の地形に鉄道トンネル、そのトンネル上にいくメンテ階段。フェンス越しに撮っているので、降りれないが、降りたくなる階段だ。

   1102_DSC00923_1
線路と電線の重なり、ズレが美しい。(住所:神奈川県川崎市高津区下作延2丁目24−17近辺)

   0302_DSCN9356_1
丸子橋から多摩川を眺める。ところが多摩川はここにはない。それでも手間のラクロスをやる人たちの時間、電車の時間、その向こうの国分寺崖線の家々の時間、さらに向こうの用賀ビルの時間。4つの時間がここには流れていた。(住所:神奈川県川崎市中原区丸子通1丁目475−1近辺)

0512_DSC08744
田園都市線で、多摩川を越えてしばらく平坦な土地が続き、溝の口駅をこえると台地があり、トンネルで台地に飲み込まれてゆく。このあたりの地形は面白いし、見渡せるポイントが幾つかある。夜景も撮りたくなるところだ。(住所: 神奈川県川崎市高津区下作延2丁目21−17近辺)

0510_DSC08778_1
昼間も面白い、溝の口駅西口商店街のY字。カーブした暗渠と商店街、それに屋根が絡み複雑な空間を作り出す。角の八百屋「佐保田青果」は昼間の姿、夜は一角で飲み屋になる。溝の口に住んでいたころの通勤路だったりするところ。



0510_02
その外側、線路脇からのの見え方もカッコイイ、なかなかなトタンぶりだ。屋根の継ぎ接ぎぶりも凄い、よくみると電柱も突き抜けている。(住所: 神奈川県川崎市高津区溝口2丁目4近辺)

0507_DSC07374_1
川崎市で、東芝工場と川崎競馬場の厩舎に挟まれた幸区小向町にある小向マーケット。平屋の木造アーケードで、ところどころ屋根バルコニーは朽ちてなくなり、細長い階段室だけが残り、それが特徴的な集落を作っている。中通路の感じもとてもいい。少し遅過ぎる時間帯だったので店は閉じてしまったし、暗くて木造トップライト屋根が見えないが、万国旗が間接照明のように光っていて、これまた不思議な商店街だったりする。



0507_DSC07402_1



   0507_DSC07336_1


     0507_DSC07386_1
(住所:神奈川県川崎市幸区小向町7−3)

     0328_DSC06798_1
武蔵小杉駅近くをあるく、突然パッと明るくなる、桜が満開だ。下に流れるのはニヶ領用水の支流「渋川」。写真を撮っていると、隣に来たカップルが桜を見ながらつぶやく声が聞こえる、「春っていいね」。別の所を歩いていると自転車にのったカップルが喋る、「なんかここ哲学の道みたい」。確かに春は人を幸せにする。(住所:神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目28近辺)



  0328_DSC06792_01
渋川の桜、見事な咲きっぷりに人がいっぱい。橋の名前も「桜橋」だ。その下を覗く、すでに狙ったカメラマンが水辺を撮っている。こちらも負けずに遠目から撮る。水中の桜も今日は綺麗だ。(住所:神奈川県川崎市中原区今井仲町380近辺)

0311_DSC00332_1
川崎の大師線を乗っていたら、見えて思わず次の駅で下車。川崎河港水門は多摩川の河口に近い南岸にある。1928年で設計者は、金森誠之/内務省多摩川改修事務所とある。上部左右にある装飾は、当時の川崎の名産物の梨・ブドウ・桃などをモチーフにしている。そういった装飾なのになぜかファシズム建築にみえてしまうのは気のせいか。



0311_DSC00340_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区港町66番地先)

0602_0309_1
昨年、溝口で見つけた、分けれ道。右は暗渠だが、左の路地が幅といい、曲がりといい、雰囲気まで同じ道のようだ。鏡で反転している感じにもみえる。溝口のこの辺りの路地は面白い。(住所:神奈川県川崎市高津区溝口2丁目24−20近辺)

   1012_0430_1
川崎の二子新地、商店街の先で見つけた建物。外壁のトタンもいい感じだが、煙突にひかれる。しかしダクトから出ている煙突、なんで2本なんだろうか。1本だと穴の面積が増えて、雨仕舞が悪いからか。(住所:神奈川県川崎市高津区諏訪1丁目11−12近辺)

      0911_0522_1
二子坂戸緑道の東側にある道路の隙間、これだけ大きいと書く方も勇気がいる。写真左の緑の先が二ヶ領用水、右側の曲がった道路がおそらく、旧川崎堀跡。川のうねりが作った道の隙間、町の隙間。道路標識線で実体化して、なんだか面白い。(住所:神奈川県川崎市高津区北見方1丁目1−10近辺)

0909_0535
ネットでみつけて興味をもち、先週の雨の日にいった二子坂戸緑道。二ヶ領用水の近くにあり、旧川崎堀を緑道化(公園化)して作られたが、その蛇行の形が面白い。公園化としても、歩く所に砂利がひいているだけで、あまり整備していない公園として、住宅地の隙間として存在しているのがいい緑道である。



0909_0536




0909_0539_1
(神奈川県川崎市高津区二子6丁目)

0711_0490-1
打合せ途中でみつけました。以前から富永さんの自邸があったのは知っていたのですが、むき出し化粧筋交いに障子で、もしやと思ったら表札が富永さんでした。実は増築で、うまく作っていました。後ろ側の勝手口と斜め塀なんてなかなかです。



0711_0445-1川崎市高津区千年新町9−1
(住所:神奈川県川崎市高津区)

↑このページのトップヘ