uenoブログ

上野タケシのブログ

カテゴリ:散歩のススメ/東京都 > 千代田区

   0706_DSC02893_1
「街のゲストハウス」と位置つけられた新丸ビル7階テラス。オープンの11時に行くと人はまばらで、いいスペース。顔たる東京駅は人が多いが、少し移動するとここから駅外観も眺めて、気持ちいい。東京に来た人には利用してほしいところだったりする。(HPには、テラスでは、丸の内ハウス全店のテイクアウトメニューがお召し上がりいただけます、とあり。)

0706_DSC02887_1
(住所:東京都千代田区丸の内1丁目5−1)

0704_DSC05129_1
神田神保町の古本屋街の看板建築「矢口書店」。脇道の建物との並びもオモシロイ。こう並べてみると、看板建築の上部看板板部分のデザインラインがいい加減だったりする。

0704_DSC05139_1
(住所:東京都千代田区神田神保町2丁目5−1近辺)

   0129_DSC05125-1_1
取り壊された建物の跡が隣の建物の外壁に残っている様子を「ダンメン」とマニアの間ではよんでる。京都の町屋あとの断面が多いいが、東京にも面白いのがある。しかも様式建築(三井住友銀行別館)の外壁タイルのダンメンだ。これだけでやっぱりどうもヨーロッパの風景に見えてくる 。(住所:東京都千代田区神田神保町2丁目19−3)

0912_DSCN0077_1
靖国神社の一番奥にあるからか、ほとんど人がいないが、この回遊式庭園、なかなか見事である。「明治2年に建てられた東京招魂社が始まり。神池庭園は明治初期作庭の全国有数の名園で、平成11年に復元」千代田区観光の説明。特に中之島のと橋のデザインがいい。

0912_DSCN0085_1


  0912_DSCN0048_1

0912_DSCN0053_1
(住所:東京都千代田区九段北3丁目1−1 )

   0906_DSC09342_01
日本生命丸の内ガーデンタワーのお庭越しに和田倉濠をみる。ここが一番長く内堀が見え、橋がみえる、手前の庭園もいきる。ここがオモシロイのはその間にパレスホテルへの通路が間にあること 。内堀はいがいといい眺めのとどまるところが少ない。

   0906_DSCN9957_1
(住所:東京都千代田区丸の内1丁目1−3 )

0831_DSC09487_1
都心ビル街にある日比谷公園、その第一花壇からみえるビル群。三井不動産が超高層複合ビルを建設中だ。緑のラインの上を行く高層ビル群の姿の借景がなかなかだったりする。

0831_DSC09494_1
(住所:東京都千代田区日比谷公園1−1近辺)

0722_DSC09466_1
日比谷公園内にある、江戸城の日比谷御門の日比谷見附跡。石垣がのこりその上がテラスのようで、風が心地よい。夏の昼ビールに最適な場所としてかなりおススメ。手間の中途半端な日本庭園もここからの眺めはいい感じだ。(住所:東京都千代田区日比谷公園1−1)

0119_DSC03586_1
東京駅から有楽町駅に向かうこのガードの間の道で、何かに目を奪われる、う~どうもても女ダクトと男ダクトに見えてしまう。丸型のダクトも珍しい。2つ並ぶと違いが際立つ。。(住所:東京都千代田区丸の内3丁目7−72近郊)

   0828_DSC03245_1
新幹線の新しいガードと古いガードの間に隙間があるところがある。有楽町駅の南側。この通路がなんかとてもいい空間に見える。いつみても人がいてタバコすったり何かしている。隠れてとどまる場所なのかもしれない。(住所:東京都千代田区有楽町2丁目9−15近辺)

0820_DSC03235_1
夜もいいが、昼間のこの閉まった感じにも魅かれる丸三横丁。丸の内の三丁目だから丸三横丁という名前。アーチトンネル状の先にあるのは東京フォーラム。おおよそ有楽町駅と東京駅の間にあるようには思えない風景、それだからいいとも言える。(住所:東京都千代田区丸の内3-6近辺)

   1123_DSC00167_1
お茶の水駅近くの聖橋の上から、川に写る総武線橋と昌平橋。少し風がふいておぼろ橋にになっているが、水面に映る世界、なかなか美しい。写真左側の堤防も新しくなっているが近くまで行ったが通れない。(住所:東京都千代田区外神田2丁目1−8近辺)

↑このページのトップヘ