uenoブログ

上野タケシのブログ

カテゴリ:散歩のススメ/神奈川県 > 横浜市

0201_DSC04006_1
滝の川に面するバラック集落。川に突き出す形が多い、ドストライクなバラックだ。ちゃんとしているのもあるが、すでに傾いて倒れそうなものあった。

   0201_DSC03992_1


   0201_DSC03998_1
(住所:神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町1−6近辺)

     1226_DSC03941_1
横浜近辺には商店街に屋根・アーケードが残っていることが多い。それぞれカタチもそれぞれだが、反町駅少しいったところにあるこのアーケードはなかなかだ。鉄骨柱梁に屋根面は木製だ、増設屋根部分の接合もカッコいい。面する飲屋もなかなかのようだ。

1226_DSC03938_1


1226_DSC03954_1
(住所:神奈川県横浜市神奈川区反町3丁目5−19近辺)

   0707_DSC08566_2
先週の梅雨の晴れ間の金沢八景近くの町屋町の商店街。右に写る「鮮魚魚秀商店」という魚屋さんの看板がりっぱだ。この商店街も海が近いといういうことで、なんとなく明るい感じがする。同じ晴れだが本日の天気とはちょっと色が違う。(神奈川県横浜市金沢区町屋町12−16近辺)

   0706_DSC08612
あまり観光にとりあげられないが、金沢八景はいいところだと思う。特に平潟湾は美しく、散歩にとても適している。その平潟湾、京急線・金沢八景の駅近くに、瀬戸神社の参道がそのまま海に突き出た形で、琵琶島神社がある。

海に参道部分の直線部分から橋を渡って円形の島に社がある。この構成がいいし、風景としてもいい。写真は先週の梅雨の晴れ間、神社は陰になっているが、バックの雲の形がパース状になり象徴的になっている。(神奈川県横浜市金沢区瀬戸2-10近辺)

   0504_DSC05063_1
先週のスリバチフィールドワークでの擁壁。このあたり地形も面白いが、路地も面白い。せっかくなので、2枚の写真を繋げてみたら、不思議な写真になった。丁度スケールになっている市瀬さんからすると、この擁壁は5mくらいか。右と左の階段の対比も面白い。(住所:神奈川県横浜市中区石川町3丁目114−20 )


0428_DSC05051_2
昨日のスリバチフィールドワーク横浜山手で見つけた、坂道と階段。斜面のデザインは機能的にクリアーしなければいけないことが多い。レベルの違いの解決もそれぞれ。この写真のところ、手摺の色が目立つのか、不思議な複合体の姿を表している。

0427_DSC05028_1
途中参加で、しかも道を間違えて終わり際にやっと追いつく。しかしそれはそれで一人スリバチ、なかなか面白かった。写真は根岸共同墓地、よく見ると先に谷があり、山の上の立つ、位置的にめずらしい墓地だ。その先ランドマークタワーが1/4ぐらいしか見えないのも、ここが高台だというのがわかる。

1125_101_0009_2
相鉄線天王町駅から約500m離れたところに位置しながらだが、この商店街は凄いぞ。横浜のアメ横とよばれいるらしい。洪福寺松原商店街は200メートル四方のエリアに、総店舗数98で、休日の平均人出2万5000人、平日2万人のお客だと書いてあった。

そこまでのお客が来るのか?少し疑問は残るが、旧東海道に位置はしているもの、建物や街並みがよりも、お店のパワーが凄い。写真の八百屋は叩き売りが過ぎて段ボールを日除けパラソルにのっけている。写真に見えないが魚屋さんは叩き売りが過ぎて、魚が入っていた発砲スチロールのケースが山積みだ。なかなか凄い所だ。(住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町1丁目2−10)

      1124_01
ネットで近くを調べていて、偶然見つけて、う~んこれは凄いと見に行った建物。周辺は昭和33年まで「新天地」と呼ばれた遊里があった所、一見普通の住宅地に見えながら、ポツポツ不思議な建物がある。 

中廊下の長屋なのか、店舗なのかわからないが、この通路はいい。吹き抜けにトップライト、屋根の木組みが露出されていて、教会・牢獄のように見えて、妙にカッコいい。住んでいる人もいるようだ。こういった建物もある横浜はとても面白い。



      1124_02




      1124_03
(住所:神奈川県横浜市西区南浅間町19近辺)

      1113_DSCN1218_1
横浜の地下鉄みなとみらい線のみなとみらい駅は面白い。設計 早川邦彦でデザインも面白いが、それよりも面白いのがプログラムである。地下鉄でありながら、ホームからクィーンズスクエアのステーションコアのエリアが見える。反対に言うとクィーンズスクエアから電車がみえる。

閉鎖的な地下鉄ホームからいきなり、きらびやかな空間が見えるし、ビル内にエスカレーターをのっていると下方に電車がみえる。面白い体験ができる。



      1113_DSCN1218_02
(住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5−1近辺)

1006_033_1
金沢八景の駅近くに瀬戸神社があり、その参道がそのまま海に突き出た形で、琵琶島神社がある。そこからの風景である。参道から海にでているので、誰もあまりいかない感じであるが、ここからの風景はいい。

この風景、シーサイドラインのモノレールが風景を切り裂いている。けしていい計画ではないと思えないが、これが何か不思議なよさを生み出してもいる。モノレールのラインが平潟湾の途中を囲っていて、内なる庭と外なる庭という世界をつくっているからか。(住所:神奈川県横浜市金沢区瀬戸2−10近辺)


0904_025_1
地図でみると地面があるが、完全に海の上の集落。漁村町だったのか、調べきれていない。この辺、金沢八景って言われるくらいだから、美しい所が幾つもあったのだろうと感じさせてくれる所。

舟屋集落は街並みが美しい。一階建ての上に背後の住宅群が見える。それになんといってもこの山(野島公園)がとってもいい背景になっている。(住所:神奈川県横浜市金沢区野島町10と16)

0701_0945-1
天守閣のお城は戦国時代から江戸の50年くらいでわっとできた。もともとは土に成るで「城」といった具合に空堀に曲輪で構成さられ山城である。ここ、神奈川県横浜市港北区小机町にある小机城は関東でも一級の山城。その曲輪、20mにもおよぶ幅の空堀がある。地形や形も見事である。写真は空堀中から曲輪をみている。地形もみごとだが、この後で生えた竹林群が光とあいまって、不思議な写真となる。(住所:神奈川県横浜市港北区小机町802)

0624_4836-1
横浜市神奈川区の第一京浜の子安通り2丁目の交差点に建つ古い家。おそらく東海道の幅が狭かったころから建っていたのか。大屋根と下屋根がとても美しい、というか窓などがまったく見えないのが珍しい。その手前の塀のデザインもいい。古さよりもプロポーションの良さが際立つ。日頃から塀なんてないほうがいいという考え方を少し考えなおされる。(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通2丁目236近辺

↑このページのトップヘ