uenoブログ

上野タケシのブログ

カテゴリ:散歩のススメ/埼玉県 > 越谷市

0525_DSC08899_1
江戸時代に整備された宿場町越ヶ谷宿、日光街道の江戸・日本橋から数えて3番目の宿場街。蔵造りの商家がポツポツある。この「
太物荒物店 塗師屋市右衛門」は呉服店を営み、屋号が示すように漆も扱っていたとあった。左にうだつがあり、塀の向こうにお庭もある。建物との構成も自然でというか、少しいい加減な感じがとてもいい。



0525_DSC08887_1
(住所:
埼玉県越谷市中町10−4近辺)


0524_DSC08868_1
江戸時代に整備された宿場町越ヶ谷宿、日光街道の江戸・日本橋から数えて3番目の宿場街。途中の元荒川を渡る手前の越ヶ谷側と越える大沢側とあり、越ヶ谷側は商家の比率が高かったところ。ポツポツと古い建物があるが、むしろ建物の側面、断面を入れて道をみると、なんだかいい感じのかつての宿場街がみえてくる。



0524_DSC08862_1




0524_DSC08922_1
(住所:埼玉県越谷市中町10近辺)

0520_DSC08944_1
越ヶ谷宿の通りには幾つの古い建物が残されている。ところが惹かれたのはその側面、しかも窓無しの総トタン外壁と瓦の取り合わせだったりする。トタンの色々と瓦の色の取り合わせが妙にあう。(住所:埼玉県越谷市越ヶ谷本町3−32近辺)

   0518_DSCN0382_1
ただ眺めているだけで、いや皆ケイタイみているな。それでもただ目の前に大きな池があるだけでいい。そんな越谷レイクタウンの大相模調池前公園。期待していたレイクタウンは、せっかくこれだけ開発しているわりには、調整池をけして生かしているとは言えず。それでも風景ってただ眺めるためだけ、眺めなくてもそこにあるだけでいい。前方の街の向こうに見える塔は東埼玉資源環境組合第一工場、いわゆるゴミ処理場かな。全体としては開発の名前に期待して、行ってみてがっくり。池の水辺に近づけるのは4分の1以下くらい。他にビオトープゾーンの緑はあるが、大半は無機質な擁壁。水辺に近くいい感じなのは、南側の公園だけ。ところが写真はよく見えるように撮っているが、とんでもなく良い風景になってしまった。ちょっとやばい、すみませんこんなによいところではありあせん。



0519_DSC09215_1
(住所:埼玉県越谷市大成町5丁目431近辺)

↑このページのトップヘ