uenoブログ

上野タケシのブログ

タグ:トタニズム

   0601_DSCN8057_1
飯能の名栗川(入間川)沿いに立つ橋本屋。川に突き出るお食事屋さん。トタニズム建物の立ち姿がいい。少し折れている感じもいい。

   0601_DSCN8046_1

   0601_DSCN8066_1
(住所:埼玉県飯能市飯能272-5近辺)

0508_DSC09826_1
飯能の町屋のダンメン。トタンで継ぎ接ぎで撤去された隣の状況が少しわかる。しかもなんだかカラフルでいい感じだ。やはり町の横顔はオモシロイ。(住所:埼玉県飯能市仲町21−21近辺)

   0311_DSC07162_1
倉庫のフルトタニズム、その角の隅切りが丁度、文字が書いてあって丁度看板のようになっていた。2階はそのまま四角で一階とのズレもいい。(住所:東京都墨田区墨田5丁目39−22近辺)

   0222_DSCN9054_1
鋳物の街「川口市」、そのせいか菖蒲川周辺にも金属工場が多い。ここ川口金属工業本社の工場、大きいこともあるがトタンのそれぞれの表情が実に豊。トタニズムここにあり。(住所:埼玉県川口市宮町18−19)

1224_DSCN2882_1
大宮駅東口のタカシマヤの大きな建物の裏、置き忘れたような建物があった。何の建物かわからずだが、玄関をトタンで唐破風屋根を作っている。何とも言えない、いい加減なつくり、どこも直線が通っていない、そこでの作るの難しい曲面の唐破風屋根。逆にここまでいくと面白い。(住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町1丁目68近辺)

(唐破風屋根:鎌倉時代に生まれ、安土桃山時代に広まった様式。破風の形式としては、格式が高いと社寺建築や城郭に使われた。近代では銭湯などの入口に使われる。)

↑このページのトップヘ